カッティングシート、東京でみつけました。

東京に旅行を行った時、カッティングシートを貼った車を見かけたんですよ。で、家に帰ってからふと回りをみると、カッティングシートを貼っているところ、案外、あるんですね。というか、わたしが気が付いていなかっただけなのかもしれませんが。あちこち、貼ってあるのを見ていたら、なんだか、わたしも使ってみたくなったんです。カッティングシートは100円ショップで売っていますからね。いろいろあって、迷ってしまいそうです。ちなみにお店では季節感がもりこんだシートが目に止まるんです。で、カッティングシートを貼るのは一発勝負です。「あっ、失敗した」、で、剥がすとシートにしわが出来て貼ることができないんですよ。でも、うまく貼れたら見ていても気持ちがいいんですよね。といっても、シートをじっくり見るなんて貼った本人以外、いないんですけどね。

カッティングシート、東京でみつけました。

東京で作ったカッティングシートがはがしにくい季節

夏は湿度が多いです。除湿機が活躍する季節になります。逆に冬は乾燥します。加湿器を用意しなければいけないでしょう。それぞれの季節は、どちらにしても厳しい季節といえるかもしれまえん。夏に関しては気温が高いことからなんでも柔らかくなることがあります。その一方で冬になると気温が下がるので硬くなることがあります。東京において、カッティングシートを作ってもらい、貼ることにしました。貼ってすぐの場合は、どんな季節でもすぐにはがすことができるそうです。しかし、時間が経つと剥がしにくくなり、特に冬はより剥がしにくくなると言われています。ではどうすればよいかですが、ドライヤー等の熱風を当てるようにします。熱を加えると良いようです。カイロなどを当てて温めるのも良いかもしれません。残ったのりなどは、シール剥がしなどできれいに落とします。

東京でのカッティングシートでは小さい文字可能

手書きで何かを書こうとすると、字が潰れてしまうことがあります。結局何が書かれているかわからなくなって、無駄になってしまうことがあります。何かを示すために文字を記しているのに、それがわからなければ意味がありません。機械であれば、小さい文字でもはっきりわかるようにすることがあります。ワープロ等だとはっきりわかります。では、カッティングシートで作ってもらう場合、どれくらい小さい文字まで作ってもらえるのでしょうか。東京にある業者において見てみました。数字であったりアルファベット等の単純な文字の場合は小さくても何かがわかります。しかし、日本語の漢字になると、あまり小さくし過ぎると潰れてしまうことがあるようです。その業者においては、2センチまでとのことでした。それでも実際に見てみるとかなり小さいです。それでもはっきりしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*