東京でカッティングシートをまとめ買い

東京でカッティングシートをまとめ買いしたいなら、大きな画材店がおすすめです。ちょっとしたスペースに貼るくらいの量なら、品揃えの良い文具屋さんでも買えますが、例えば車に貼るのにたくさん使う、などというときには、業務用のサイズを販売しているところがいいでしょう。この製品を作っている大元の会社では、施行以外にも個人に売ってくれるそうです。何しろ製造会社ですから、他のお店にないような細かい色もそろっています。200種類もカラーバリエーションがあるそうで、これではどこのお店にも全色そろっているというわけにはいきません。どうしても微妙な色合いのシートがたくさん必要だ、というときには、直接お店を尋ねてみるとよいでしょう。普通の色の他にも、メタルっぽい質感の金や銀、蛍光色などのシートもあり、他の店で買えないようなレアなものも見つけられます。

東京のカッティングシート専門店の品揃え

近所の文房具屋さんでカッティングシートを買おうと思うと、黒や白、赤、青くらいの色しか見つけられません。実際に貼ってみるとわかるのですが、原色というのはとても使い方が難しいです。よほど洗練されたデザインでうまく使わないと、どうしてもあか抜けない印象になってしまうのです。そういうときには、少しレアな色のシートを使うことで、ぐっと洗練されたデザインになります。例えば同じ赤でも、真っ赤ではなく、深紅やオレンジがかった赤、ピンクに近い赤など、さまざまなバリエーションがあります。東京にある、シートの製造元では、165色のレギュラーカラーがあるそうです。それにプラスして、35色のスペシャルカラーもあります。たとえば金や銀、蛍光色などですが、それに加えてさらにメタリックな加工をしたものや、透明や乳白色のカラーも販売されています。

東京で買える特殊加工のカッティングシート

屋外でカッティングシートを使いたいときには、通常の製品ではすぐに傷んでしまいます。雨や風に晒されるのはもちろんですが、紫外線も絶え間なく降り注ぎ、色あせの原因となります。東京の製造会社では、耐候性の強いシートが販売されているそうです。これなら外でも使うことができ、通常の製品よりも長持ちします。さらに、外にシートを貼る場合と言うのは、装飾の他に目印などを目的にすることが多いと思います。たとえば、車庫の前の縁石にシートを貼り、ぶつけないように目印にするなどです。こういうときに便利なのが、極微小のガラスビーズを入れた製品です。これは、車のライトなどが当たるとガラスビーズに反射してキラキラ光り、暗いときなどにもハッキリ目印になります。近所にもこの製品を利用している人がいますが、かなりくっきり反射するので夜でも安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*